できるだけ高く売るには?マンション売却の注意点やポイント

マンションを売却する時に、一番気になるのが「いくらで売れるのか」ということではないでしょうか。

もちろん不動産会社に相談して売却価格を決めるのですが、最も大事なことは、売主自身が以下のような売却金額のイメージをしっかり持つことです。

  • いくらで売りたいのか
  • ここまでなら値下げできる
  • 最低でもこの価格以上で売りたい

意外に思われるかもしれませんが、多くの売却事例を見ても、満足できる売却ができたのは、この「売りたい価格」を強くイメージしている売主に多くなっています。

とは言っても、素人がなかなか「売りたい価格」を決めるのは難しいですよね。

マンション市場の相場や売り出し価格を決める時のポイントがわからなくては、自分で売却価格を決めたとしても、果たしてそれが自分のマンションにふさわしい金額なのか、高すぎたり安すぎたりしていないか、といった不安が残ります。

当サイトでは「どのように売却金額を決めればいいのか」「売却を進めるにあたって注意すべき点」「これだけは知っておきたい基礎知識」など、マンション売却に関する情報を、マンション市場に詳しくない人にもわかりやすく、ポイントを絞って紹介しています。

満足できる売却のために、それぞれの情報を参考にしてみて下さいね。

価格の相場を知る

どのような売却物件であっても、まずは一般的な価格、つまり相場をつかむことから始めるのが良いでしょう。
それには、地元の不動産業者に問い合わせたり、または大手の不動産会社に聞いてみるのもいいかもしれません。

不動産会社には、それぞれ得意分野や不得意な分野がありますので、自分の物件にふさわしい不動産会社に相談するようにしましょう。

不動産の一括査定サービスの利用

インターネット上でも便利に調べられるサービスがあります。
不動産の一括査定といって、自分の売却物件を一度に複数の不動産会社に査定依頼することができるサービスです。

一社のみの査定では、妥当な価格なのか?安く買い叩かれているのではないか?と不安になったりもしますが、一括査定を利用すれば複数の会社の査定額がわかるので、売りたい物件のおおまかな相場も分かります。

また、一社ずつではなく、複数の会社に一度に依頼できるのでも、大きなメリットでしょう。

マンション売却に有利な一括査定サービスはこちら

机上査定と訪問査定

この一括査定のような査定方法は「机上査定」と呼ばれるもので、売主からの情報だけを頼りに、簡易的に査定額を算出するものです。別名では「簡易査定」とも言われています。

それに対して、実際に売却物件を訪問して査定額を出す「訪問査定」というものがあります。マンション内での部屋の位置、管理状態など細かな点を確認して、より売却金額に近い査定額を算出する方法です。

かかる費用について

マンションを売却する際には、諸費用がかかってきます。
不動産会社に支払う仲介手数料はもちろんですが、税金にも注意が必要です。

より高い金額で売ろうとするのなら、ハウスクリーニングなどの事前準備をしておいた方が良いでしょう。

また、不動産売買では「手付金」制度が慣習となっています。
売買制約後に返ってくるとはいえ、これもマンションを売却するにあたって頭に入れておかなければならない費用です。

後になって予想外の高額な費用に驚かないように、かかる費用について事前に頭に入れておくと安心ですね。

税金について

あらかじめ知っておきたいのが税金のことです。

売却した時に、購入額よりも高い金額で売れた時は、譲渡所得税がかかります。
これには、短期間だけ保有していたマンションを売却するのか、それとも長期間保有のものを売却するのかによっても税率が大きく違ってきます。

また、住宅の場合は特別控除がありますので、よく確認して売却手続きすることをおすすめします。

売り時はいつ?

当然ですが、戸建と同様、築年数は売却金額に最も大きく影響します。

通常、戸建の場合は宅地も一緒に売却されるので、住居の方はあまり重視されませんが、マンションの場合、土地は関係ないので、住居の持つ条件が特に注目されます。

また新築未入居マンションというのもマンション市場で、稀に見かける物件です。
自分の売却物件の築年数を確認するのは当然ですが、その築年数で売り出す時に、なるべく高額にするためのポイント、売り時などもよく調べておきましょう。

売るのと賃貸、どっちがいい?

少し特別な場合かもしれませんが、自宅マンションを一度は出るものの、しばらくしたら戻ってくるということもあり得るでしょう。

例えば、長期出張であったり、親の介護などで一時的に部屋を空けるといったことが考えられます。

こういった場合は「売却するのがいいのか」「賃貸に出す方がいいのか」迷うと思いますが、どちらにもメリット・デメリットがあります。

賃貸であれば賃貸収入が期待できますし、売却であれば、もちろん売却金額が手にはいることがメリットと言えます。

いずれにせよ、よく条件を比較して判断することをおすすめします。

住宅ローンが残っている場合はどうする?

中には、所有するマンションの住宅ローンを、まだ完済できていない方もいらっしゃるかもしれません。

理想としてはローン完済後に売却するのがいいのですが、さまざまな事情で完済の前に売るケースもあるでしょう。
こういった場合は、借り換えなどいくつかの方法がありますので、確認してみましょう。

→26 ローンが残っている場合のマンション売却

親名義の不動産はどうする?

高齢化社会と言われる昨今、両親を介護施設に入居させたり、同居して二世帯で生活することを考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

それまで親が住んでいた親名義のマンションを売却するには、どのように手続きをして、どのような費用がかかるのでしょうか。
また、注意すべきポイントはどのようなところか、前もって確認しておきたいところです。

離婚を理由に売る場合は?

上の高齢化社会と同様に、離婚率の上昇も注目されている現象です。
離婚をきっかけにマンションを売却される方も多いでしょう。

その時に大きな問題となる財産分与や住宅ローンの残債の扱い、また財産分与が可能な期間など、抑えておきたいポイントがいくつかあります。

売買で損をしないために

以上のように、税金やかかる費用、相場など、マンション売却にあたって抑えておきたい点がいくつかあります。
これらは損をしないためにも、最低限知っておきたいポイントです。

相場については、無料で利用できる不動産の一括査定サービスの利用が便利です。1回の申し込みで複数社に同時に査定依頼できるので手間もかかりません。

不動産会社(担当者)にも合う合わないがありますから、一括査定で出た各社の査定額を見た上で、気になる数社と実際にコンタクトを取ってみることをおすすめします。

マンションの無料一括査定サービスの利用!

マンションを売るにあたって、ぜひ利用したいのが不動産の一括査定サービスです。

一括査定によって、当初の査定額より500万円以上高く売却できた事例がたくさんあります。

以下は1,000社以上の不動産会社と提携しているサービスで、一度に最大6社に無料で査定依頼できます。できるだけ高く売りたい方、必見です。

日本最大級の一括査定サイトはこちら
※全国エリア対応なので、市街地だけではなく郊外のマンションもOKです。