1. ホーム
  2. 不動産会社の選び方
  3. ≫マンション売るなら大手VS地元不動産会社、どっちがいい?

マンション売るなら大手VS地元不動産会社、どっちがいい?

マンションを始め、不動産物件を売却しようとした時に悩ましい問題の1つとして、依頼する不動産会社は大手の方が良いのか、または小さくても地元の方が良いのかといった悩みが挙げられると思います。

漠然としたイメージで言えば、大手の方が扱っている物件数が多いので、

  • それだけ買手候補を見つけやすいのではないか?
  • 地元に限らず全国の人に自分の売却物件を紹介できるのではないか?
  • 広告など露出をしっかりとやってくれるのではないか?

といったことが浮かんでくると思います。

それに対して地元の不動産会社のイメージとしては、とにかく対象地域に対しては細かい情報にまで詳しいので、

  • 緻密な売却戦略が立てられる
  • コミュニケーションが密に取れて間違いが少なそう

などのイメージがあるでしょう。

ここでは、マンションを売却するにあたって、大手の不動産会社か地元の不動産会社どちらが良いのか、それぞれの特徴などを紹介しながら解説していきます。

不動産屋の種類

まず、大手・地元という以前に、不動産会社の種類について触れておきましょう。

マンション売却といっても、どの種類の会社でも良いというわけではありません。

仲介会社

最も一般的な不動産会社です。
不動産復権の売買や賃貸の仲介を行っていて、賃貸物件の場合は、その管理まで行っている場合が多くみられます。

分譲業者

分譲マンション、分譲戸建の建築・販売を行っている会社です。開発業者、ディベロッパーとも呼ばれ、自らが宅地の確保から建築、販売まで一貫して行っています。

買取再販業者

中古住宅、新築住宅、または競売物件を含め、様々な物件を買い取って、それを販売している会社です。

その他の会社

主に商業施設のテナントを扱っている会社です。

この中で、マンション売却の相談をするのにふさわしい会社は仲介会社になります。
買取再販業者も相談はできますが、得意にしているとは言えないでしょう。

何と言っても仲介会社の場合は、扱っている物件数も圧倒的に多く、広告宣伝にも力を入れているので、最も好条件で売却成約できる可能性があります。

大手に依頼するメリット

大手に相談する時のメリットは、やはり全国にもつ店舗網によって、多くの買手候補に物件情報を告知できることでしょう。

一人でも多くの買手に告知できれば、それだけ好条件で売却できる可能性が高まるわけですから、多くの人に告知できることは、大きなメリットと言えます。

また買手候補も、購入を検討する時には、まずは大手に相談するのが多いケースでしょう。
したがって、買手も売手も大手に相談することになれば、やはり成約に至る可能性は高まります。

大手も、多くの顧客を取り込もうと、さまざまなサービスを展開しています。
シンプルなもので、売却に至った場合には、ギフトカードをプレゼントしたり、キャンペーン期間中であればキャッシュバックサービスをしていることもあります。

営業マンに関して言えば、大手の会社であれば多くの物件を担当することになりますので、当然知識が豊富です。
そのため、売却にまつわるさまざまなコンサルタントを受けることもできます。

多くの物件を担当することを通して蓄積されたノウハウは、売却にあたって有効な提案を積極的に行ってくれます。

実際に売却成約に至る時にも、複数の税理士とネットワークを結んでいるので、安心して契約手続きを任せることもできます。

複数いるということも強みになり、自分のケースにあった税理士を紹介してくれるのは、心強いことですよね。

地元に依頼するメリット

地元の不動産会社に依頼するメリットは、何と言っても緻密な販売戦略を立てられることです。

大手の場合はどうしても一人一人の顧客との密なコミュニケーションが薄れ、またそれぞれの依頼内容にきめ細かな、ふさわしい提案をすることが難しい場合もあります。

その点、地元の不動産会社であれば、売却物件近隣のお店や治安、または保育園から中学といった教育施設、さらにシーズンを通した地域のイベント情報など、買手にアピールしてくれる情報材料を多く持ち合わせていますので、買い手に対して痒いところまで手に届きそうなアピールをしてくれます。

実際にマンションなど不動産物件を購入する人は、このような地域情報を大切にするものですから、こういったアピール材料を持っていることは、地元会社の大きなメリットになっていると言えるでしょう。

また、大手は全国網の店舗展開をしているとは言え、実際に売却物件を探している人は、現住所からあまり離れない地域での物件を探していることが多いと思われます。

こうなると大手の全国網という強みよりも、地元不動産会社の地域情報の豊富さという強みの方が、買手には魅力的に見えるでしょう。

まとめ

以上、マンションの売却を考えたとき、大手不動産会社がいいのか、地元の会社がいいのか、それぞれの特徴やメリットを紹介しました。

上記の内容読んでもらえれば、一概にどちらがいいとは言えないことがわかっていただけたかと思います。
それぞれのメリットを考慮しながら、不動産会社に依頼することをおすすめします。

また、大手・地元に限らず、複数の不動産会社に相談することは重要です。
インターネットを通じて、一括で査定評価を調べることもできますので、そういったサービスの利用も有効でしょう。

マンションの無料一括査定サービスの利用!

マンションを売るにあたって、利用したいのが不動産の一括査定サービスです。

一括査定によって、当初の査定額より500万円以上高く売却できた事例がたくさんあります。

以下は1,000社以上の不動産会社と提携しているサービスで、一度に最大6社に無料で査定依頼できます。できるだけ高く売りたい方、必見です。

マンション売却に有利な一括査定サイトはこちら
※全国エリア対応なので、市街地だけではなく郊外のマンションもOKです。

シェアをお願いします。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。